カラバッシュって?

カラバッシュと人々《カラバッシュ》とは、ひょうたんのこと。小から大まで様々な大きさがあります。形状も円いモノ、括れたものから先の細長いモノまでいろいろあり、アフリカでは共通の万能で重要な生活ツールと言っても過言ではありません。

スプーン、柄杓からお玉、料理用や水入れのボール、装飾品、ミルク入れやチーズ容器、更には農業用具としての種や籾入れになったり、水遣りのバケツ代わりにもなります。 農耕民にとって楽しみな雑穀から作る地ビールの容器としても、重用されています。

カメルーン北部の村では、エナメルを塗られ、女性の帽子としても活躍しています。遊牧民の女性が、自家製のチーズや乳製品等の売りモノを入れたカラバッシュを頭に載せ、市場に行き来する姿は、アフリカの風物詩の一つにもなっています。

一時は、プラスチック等の化学製品が氾濫したアフリカ(のみで無く、世界中も)ですが、この偉大な自然の造形物は、いずれ土に帰る地球に優しいすぐれものです。

アフリカでも日本でも、もっと・もっと多用されるような環境になることを、当店は願っています。

カラバッシュ

ウィンドウを閉じる